3室(5)事例4:兄弟すべてを手にかけた冷血なアウランゼーブ帝

出典

記事:”The third lord/third house” Journal of Astrology, January-March 2003, pp9-26.
著者:K.N.Rao

事例4 アウランゼーブ帝

 
インド史上の論争のひとつにアウランゼーブ帝の存在があります。
 
はたしてアウランゼーブ帝はその冷酷さにおいてヒトラーにたとえることができるのかどうかという論争です。
 
この論争はまだまだ続くだろうし、決着を見ることはないでしょう。
 
 
私たちにとって興味深いのは、アウランゼーブ帝のホロスコープです。
 
 
ヒトラーのように3室を支配する木星が、
獅子座に在住する火星と月、
ラグナに在住する太陽と水星にアスペクトしています。
 
 
土星は、牡牛座から3室の支配星にアスペクトしています。
 
 
金星、ラーフ、ケートゥを除くすべての天体とラグナが3室の影響下にあります。
 
 
父シャー・ジャハンの時世、
兄ダーラー・シコー、シャー・シュジャー、弟のムラード・バフシュと、
アウランゼーブは帝位継承をめぐる骨肉の争いを戦っていました。
 
シャージャ・ハンの娘たち、
すなわちアウランゼーブの姉妹たちも、
それぞれ兄弟のどちらかに付きました。
 
 
帝位継承戦争は
アウランゼーブの火星期に始まりました。
 
 
火星は、11室から3室の支配星・木星に
アスペクトしています。
 
水星のアンタルダシャーが終わる前に、
アウランゼーブはすべての戦いに勝ちました。
 
ホロスコープの惑星は、
火星の鮮血の色をさらに真っ赤に染めあげています。
 
 
チムールのホロスコープと比較してください。
 
 
兄弟の宗教観の違いが、
皇位継承戦争の火に油の注ぎしました。
 
 
長男のダーラー・シコーは教養があり、寛容です。
まるでヒンドゥー教徒のようです。
 
次男のシャー・シュジャーはシーア派で、
シーア派の支持を得ていました。
 
三男アウランゼーブは
狂信的なスンニー派でした。
 
アウランゼーブは、
ヒンドゥー教徒をイスラーム教徒に改宗させなかった
先代の歴代ムガル帝王に批判的でした。
 
四男ムラード・バフシュは、
リベラルを装いながら、その実
ハーレムの肉欲に溺れ、
精神バランスを失っていました。
 
 
アウランゼーブはまず二人の兄弟と組みました。
 
シャー・シュジャーとムラード・バフシュと組んで
ダーラー・シコーの勢力を弱体化させ、
 
次に
 
父のシャージャ・ハンを投獄しました。
 
そして
 
自分の侍女を使ってムラード・バフシュを捕獲し、
彼の軍隊を打ち負かしました。
 
 
シャー・シュジャーは
アウランゼーブとの戦いから逃走して他国に逃れましたが、
逃亡先の王に誅殺されました。
 
 
最後の敵は、
長男ダーラー・シコーでした。
 
ダーラー・シコーは、
友好関係にあったラジャスターンとグジャラートの王に裏切られ、
捕獲されました。
 
ダーラー・シコーは1659年9月、
デリー市中を引き回されてから
斬首されました。
 
 
インド中世史家LPシャルマによれば、
アウランゼーブは狂信的なスンニー教徒でした。
 
「したがってアウランゼーブの目的は、
 
 ダールル・ハルブ(カフィール=異教徒の国)を
 ダールル・イスラーム(イスラームの国)に変えることである。
 
 アウランゼーブはその使命を忘れることはなかったし、
 かれが行なった国の施策にも反映させていった」
 
歴史家LPシャルマによれば、
アウランゼーブは1658年7月31日に即位しました。
 
火星/土星期でした。
 
土星は、計略の8室に
在住しています。
 
火星も土星も
3室を支配する木星に
アスペクトしています。
 
火星のように振る舞うケートゥは、
10室に在住し、
土星にアスペクトされています。
 
火星は10室の支配星とコンジャンクトし、
火星の星座に在住する金星と、
土星の星座に在住する木星に
アスペクトしています。
 
ムガル帝国の衰微は、
アウランゼーブ治世の時代から
始まりました。
 

(つづく)

※著作物から要約・引用するにあたり、わたしはラオ先生との間で契約を交わしております。

ジョーティシュ・サンクチュアリー │ ヴリンダーヴァン
正統なインド占星術を学びたい方のための最新のブログ記事をお送りします。世界的なインド占星術の泰斗・KNラオらの翻訳書籍やリサーチ動向の最新情報や学習上のヒントが満載です。左のフォームにお名前(あるいはニックネーム)とEメールアドレスを入力して、オレンジ色のボタン「更新情報を受け取る」を押してください。
メールアドレスは第三者に譲渡されることは決してありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です