成功と11室 その3

前回に続いてJournal of Astrologyの記事から紹介します。

出典

記事:”Success and 11th House”: Journal of Astrology, Jan.-Feb. 2011, 44-52. 
著者:Monica D Saxena

        

成功者のホロスコープ

50人の成功者のホロスコープを対象に、前回紹介したパラメータを検証した結果が報告されていました。
対象者の詳細は省略しますが、内訳は、芸術家・芸能人が9人、政治家が12人、実業家が4人、宗教家が3人、王族・皇族が15人、科学者が1人、そしてスポーツ選手が6人です。

11室の支配星と絡む惑星の数が多いほど成功する

興味深いことに、11室の支配星と5つ以上の惑星が絡んでいる人が50名中35名(70%)もいました
11室の支配星と2つしか絡まない人は1名(2%)、3つしか絡まない人は6名(10%)しかいませんでした。

11室の支配星と2室の支配星が絡むのも成功の条件

50名中40名(80%)のホロスコープで、11室の支配星と2室の支配星が絡んでいました。

11室の支配星が在住するハウス

50人の成功者の11室の支配星が在住するハウスの内訳は以下の通りです。

ハウスごとに見ると、1室、3室、6室、12室11室の支配星が在住するケースが最大で、それぞれ6人でした。

その次に多いハウスは、ケーンドラトリコーナでした。

現代では成功に関わるハウスが変わってきていることを表しています。

3室6室競争、スタミナのハウスです。

12室外国を表します。

現代では、成功するにはこれらの要素が必要とされていると解釈できます。

その他の要素

11室の支配星高揚するホロスコープはそんなに多くなく、22%でした。

しかしそういう人は存在感が傑出しています。

たとえば、エリザベス2世、アミターブ・バッチャン(インドの名優)、バラク・オバマ、チャーリー・チャップリン、アドルフ・ヒトラー、アルバート・アインシュタイン、マザー・テレサです。

11室の支配星減衰するホロスコープは8%でした。

11室の支配星コンバストあるいは逆行するホロスコープは28%でした。

11室の支配星11室にアスペクトしているホロスコープは26%でした。

(おわり)

※著作物から要約・引用するにあたり、わたしはラオ先生との間で契約を交わしております。

ジョーティシュ・サンクチュアリー │ ヴリンダーヴァン
正統なインド占星術を学びたい方のための最新のブログ記事をお送りします。世界的なインド占星術の泰斗・KNラオらの翻訳書籍やリサーチ動向の最新情報や学習上のヒントが満載です。左のフォームにお名前(あるいはニックネーム)とEメールアドレスを入力して、オレンジ色のボタン「更新情報を受け取る」を押してください。
メールアドレスは第三者に譲渡されることは決してありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です