カズオ・イシグロ氏がノーベル文学賞を受賞

カズオ・イシグロ氏ノーベル文学賞を受賞しましたね。

カズオ・イシグロ氏が長編小説『The Remains of the Day』ブッカー賞を受賞したとき、

わたしはイギリスに滞在していて、日本人として誇らしくBBCの報道を見ていました。

イシグロ氏ノーベル文学賞受賞速報に接した昨夜、その当時のことを懐かしく思い出しました。

それで興味をおぼえ、ホロスコープを見てみました。

イシグロ氏は日系人ですが国籍イギリスです。

イシグロ氏のホロスコープはわかりませんが、イギリスホロスコープならわかります。

ノーベル賞受賞ほどのことなら、イギリスホロスコープにも出ているはずです。

ヒンドゥー・ニュー・イヤー・ホロスコープ

まず2017年イギリスヒンドゥー・ニュー・イヤー・ホロスコープから見ていきましょう。

11室を支配する金星が4室で高揚しています。

5室を支配する火星5室から、11室にアスペクトしています。

それぞれに木星水星がアスペクトしています。

建国図

次に、イギリス建国図を見てみましょう。

1801年1月1日;00:00;London

ソースは『The Book of World Horoscopes』(Nicholas Campion)です。

不自然な建国日時ですが、KNラオによれば、それでも歴史事実に照らすと比較的よく説明できるといいます。

今回の件が説明できるかどうか、このホロスコープで検討してみましょう。

  

ダシャーはラーフ/木星/ラーフ期(2017.09.18~2018.012.8)です。

マハー・ダシャープラティアンタル・ダシャーを支配するラーフ7室の魚座に在住し、

そのディスポジター木星11室高揚しています。

木星アンタルダシャーロード11室から5室ラーフにアスペクトしています。

木星1室10室を支配して3室に在住する水星にもアスペクトしています。

ダシャーンシャ(D10)を見てみましょう。

ダシャーロード木星ラーフは、11室を支配する太陽とコンジャンクトしています。

木星5室にアスペクトし、水星星座交換しています。

以上、ヒンドゥー・ニュー・イヤー・ホロスコープでも建国図でも、

ダシャー支配星5室、11室、水星、木星にしつこく絡んでいますね。

ジョーティシュ・サンクチュアリー │ ヴリンダーヴァン
正統なインド占星術を学びたい方のための最新のブログ記事をお送りします。世界的なインド占星術の泰斗・KNラオらの翻訳書籍やリサーチ動向の最新情報や学習上のヒントが満載です。左のフォームにお名前(あるいはニックネーム)とEメールアドレスを入力して、オレンジ色のボタン「更新情報を受け取る」を押してください。
メールアドレスは第三者に譲渡されることは決してありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です