ノー・モア・パクリ!

ラオ先生の研究成果は、
つねに野心家たちにとって垂涎のパクリの対象でした。

野心家:短期間に結果を得ようとする性急な人たち

今回、ラオ先生のリサーチ・メンバーらが
そういう不正行為に対して
Facebook上でNo!!を主張し始めました。

いい傾向ですね。
ご紹介します。

Facebookに投稿された記事

この「教育と惑星に関する表」はもともとKNラオ先生が作成したものです。そしてこの表は、バーラティーヤ・ヴィディヤー・バヴァンにおいて20年以上にわたって生徒たちに代々伝えられてきました。この表は、2004年に出版されたAKゴウル『Astrology of Professions』の14ページに採録されました。そして、その後、ナヴァル・シンが修正を施し、2008年に出版された『Planets and Education』の17ページに修正版が掲載されました。ラオ先生は最初に詳細な表を作成しましたが、2001年の10ー12月号の『Journal of Astrology』の70ページに簡略版が掲載されました。そして20年にわたってBVBにおいて代々生徒たちに教え継がれてきました。サンダラーム氏とラオ先生は30年以上にわたる知己の仲です。ラオ先生が見いだしたこの表は、これまでに何度もパクられ、勝手にインターネット上にさえ公開されてきた経緯があります。この表を自著に勝手に掲載したK氏は、バーラティーヤ・ヴィディヤー・バヴァンの生徒でした。K氏は表を著書に掲載するにあたり、その引用元を明示する義務を怠っています。

Kn Rao
Anju Sachdev
Kavita Sharma
Anjali Jain
Dinesh Jain
Anil Kumar
MonicaDhaulSaxena
Pammi Barthwal

ラオ先生が書籍や雑誌「Journal of Astrology」で公表してきた占星術のテクニックは、これまでに何度もパクられてきました。

そういう不正行為をずっと見て見ぬ振りをしてきましたが、今回、おそらくわたしの記憶でははじめて、そういう行為を行う者たちに対して公の場で警告を発しました。

コメント欄には、占星術を実践する者たちに対してモラルの重要性を強調する書き込みがありました。

アンジュ・サチデーヴァ 
占星術師にとって最も求められる資質は道徳心です。
(他者のテクニックを)引用するときは、一度立ち止まり、感謝の念を持ってソースを明かしましょう。

モニカ・サクセナ

これまで気前よくテクニックを公開してきたわたしたちのグル(KNラオ)に感謝し、謝辞を添えるかわりに、自分のものとしてその知見を公表する人たちがいるのは残念です。人生におけるカルマのセオリーを忘れないで下さい。一挙手一投足のすべては自分に戻ってきます。

投稿をしたアンジュもモニカも、かつてのわたしのクラスメートです。
スキルもモラルもダントツのトップレベルの占星術家です。

モラルとスキルの間には相関があるんです。

そしていうまでもなくモラルは占星術における最重要事項、必須条件です。
スキルより上です。
モラルに導かれてスキルがついていくんです。

モラルの惑星である木星と理性の惑星の水星の状態が、占星術家としての資質を表すとされるゆえんでもあります。

モニカはさらに次のように続けています。

モニカ・サクセナ

わたしはこれまで12年間、占星術を学んできました。最初の2年間は学部生として、そして残りの10年間はリサーチ生としてバーラティーヤ・ヴィディヤー・バヴァンで占星術を学んできました。

占星術の書籍が多数出版される今般、世界は急激に変貌を遂げつつあります。リサーチとは、占星術を現代の文脈に翻訳する作業です。数千のホロスコープを検証し、作用するパラメータ(変数)を見いだす作業はたいへんな努力を要する労働です。

たとえば、海運技師の職業について調べるとします。わたしたちは海運技師のホロスコープを200集め、それらのひとつひとつを検証していきます。そして古典のなかに記載されているルールのなかからどのような組み合わせが現代の海運技師のホロスコープに当てはまるのかを調べていきます。

リサーチは、ラオ先生の指導の下で行われます。ラオ先生は、すでに70数年の歳月を、科学としての占星術を現代の文脈に翻訳するために費やしてきました。無断でコピーされたとされる「教育と惑星の表」は、ラオ先生が長い歳月をかけて見いだしてきた知見です。それが20年前に本の中で公表されました。

そういう血と肉の結晶ともいえる研究成果を、恥も外聞もなくかつ大胆に、無断にコピーして自分のものであるかのように扱う人たちがいる風潮があるのはとても残念です。

関係者におかれましては、無断コピーという恥知らずな行為をこれ以上続けないようにお願いします。

日本でも、同様の問題が多発していたので、2年前、わたしはKNラオから翻訳権を正式に取得しました。

無断借用はもとより、自分の生徒を私のクラスに送り込んで盗用していた人もいました。

それが発覚したとき、首謀者とおぼしき人とメールでやりとりをしましたが
「占星術はだれのものでもない」
という内容のメールが返ってきてあきれて言葉が出なかったのを思い出します。

たとえば…これなんかもそうですよね。

日本建国図

日本建国図はつい最近まではみんな明治憲法図を使っていました。

明治憲法図 (↑)

ところが最近、サンフランシスコ講和条約の施行を根拠としたホロスコープを日本の建国図として使い始める人が多くなりました。 ちょっと時間をずらしたりしている人もおりますが…。

サンフランシスコ講和条約の施行を根拠とする日本建国図(↑)

2011年3月、東日本大震災が発生して大災害をもたらした折、わたしはKNラオ先生とビサリアジと直に話し合い、日本の建国図としてこのサンフランシスコ講和条約の施行を根拠とするホロスコープが妥当であるという(当時は未だとりあえずの)結論に達し、それ以来、上記のホロスコープを日本建国図として使用し、検証してきました。

「Journal of Astrology」という雑誌に投稿した記事のなかでもこのホロスコープを使用し、そのことを以下のブログでも書きました。

リンク: http://astrodiary.blog114.fc2.com/blog-entry-529.html#more

なにを言いたいのかというと

そういう経緯があったにもかかわらず
そしてそういう経緯を知りながら
あたかも自分たちが見いだしたかのようにサンフランシスコ講和条約の施行図を日本建国図として使用している人がいるんだけどぉ……

ということです。

つまり、はっきりいえば「クレジットを明示せい」ってことね。

長い間アカデミー(学問)の世界で油を売っていたことのあるわたしはこういうことは結構気になるんですよね。

なぜって

こういう基本的な作法すらできていないようなお行儀の悪い人たちのいうことは、学問の世界ではだれも聞いてくれませんから。
もちろん いくら「占星術は科学だ」「スーパーサイエンスだ」とのたまわったところで、 誰にも相手にされません。

その点、占星術の世界は大甘(おおあま)ですよね。
パクリのオンパレード、泥棒さえ許される…。
ばれたらばれたで「占星術はだれのものでもな~い」とうそぶく…。

そういう風潮、なんとかしません?

わたしも、今後は他人の成果を引用するときは、クレジットをできるだけ明示していくことに意を用いようと思います。                                                     

高い精度未来がわかるインド占星術を一緒に学んでみませんか?
本格的無料動画コース(全88本)を用意しました。
1年かけてつくった本格的なインド占星術の動画コースです(↓)。

無料動画講座】『ラオ本で学ぶインド占星術』(全88話)のご案内
無料動画講座のメルマガ登録はこちら
ジョーティシュ・サンクチュアリー │ ヴリンダーヴァン
I agree to have my personal information transfered to MailChimp ( more information )
正統なインド占星術を学びたい方のための最新のブログ記事をお送りします。世界的なインド占星術の泰斗・KNラオらの翻訳書籍やリサーチ動向の最新情報や学習上のヒントが満載です。左のフォームにお名前(あるいはニックネーム)とEメールアドレスを入力して、オレンジ色のボタン「更新情報を受け取る」を押してください。
メールアドレスは第三者に譲渡されることは決してありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です