令和はどんな時代?

新しい時代があけました。

昨日は 令和元年元旦でした。
一日遅れですが、こころよりお喜び申し上げます。

令和ホロスコープが気になりますよね。
さっそく見てみましょう。

令和ホロスコープ

Jyotish-ONEで作成しました。

Jyotish-ONEの便利なところは、誕生地を皇居と入力すると正確にその緯度経度を返してくれるところです。

まず目がいくのは射手座です。

新天皇が即位される日がやばい!?」(2018年12月20日)でも書きましたが
射手座深く傷ついているんですよね。

①ナンバーワン(第1に):

射手座には、土星(SaR)ケートゥ(Ke)が在住しています。

射手座のようなデュアル(Dual)星座
土星(SaR)ケートゥ(Ke)が一緒にあるのは
不吉なコンビネーションなんです。

※デュアルl星座: 柔軟星座、共通星座とも呼ばれ、双子座、乙女座、射手座、魚座を指します。

しかも弓矢と関係する射手座
もともと戦争とも関係し
不吉な出来事が起きやすい星座なんです。

②ナンバーツー(第2に):

土星(SaR)ケートゥ(Ke)26°でジャスト(ぴったり)です。

土星(SaR)ケートゥ(Ke)凶星と呼ばれる惑星です。
凶星が同じ星座に複数存在するだけで
良くないことが起きやすくなります。

まして同じ度数(26°)で緊密に接しあう凶星
負のエネルギー(破壊力)相乗させます。

③ナンバースリー(第3に):


土星(SaR)ケートゥ(Ke)には
火星(Ma)5室から8番目のアスペクト
投げかけています。

しかも驚くべきことに
火星(Ma)26°です。

3つの凶暴な惑星
12室(外国)を中心に26°で絡み合っている

ということになります。

④ナンバーフォー(第4に):


土星(SaRも ケートゥ(Keも 逆行しています。

逆行する凶星SaRKe)どうしが絡み合い
さらにそれらに凶星Ma)がからむのは
かなりヤバイ!です。

⑤ナンバーファイブ(第5に):

そして極めつけは

新天皇陛下のホロスコープのアセンダント
やはり26°である事実です。

(皇太子時代に作成したホロスコープです)

⑥ナンバーシックス(第6に):

新天皇陛下のホロスコープの
アセンダントを支配しますが
射手座24°にあります。

このはただでさえ重要なのですが
アセンダントも支配することで
チョー重要な天体です。

令和のホロスコープと重ね合わせると
射手座において26°で絡み合う
3つの凶星(SaRKeMa)によって
新天皇陛下
深~く傷ついています。

⑦ナンバーセブン(第7に):

新天皇陛下のホロスコープのダシャーदशा
木星ラーフ水星期です。

※ダシャー(दशा):運気を見るためのインド占星術最強ツールのひとつ。

令和のホロスコープにおいて
木星12を支配し
ラーフはケートゥとともに12に絡み
水星12を支配する木星にアスペクトされています。

12は一般には外国を意味しますが
外国勢力による秘密工作活動テロも表します。

まとめ:

令和
おおきな外患に翻弄されることになる御代
となる可能性があるといえるでしょう。

祝賀ムードに覆われる令和元年三が日ですが
来年、東京オリンピックを控え
改めて身を引き締めて臨まなければならない
御代に突入したといえそうです。

高い精度未来がわかるインド占星術を一緒に学んでみませんか?
本格的無料動画コース(全88本)を用意しました。1年かけてつくった本格的なインド占星術の動画コースです(↓)。

無料動画講座】『ラオ本で学ぶインド占星術』(全88話)のご案内
無料動画講座のメルマガ登録はこちら
ジョーティシュ・サンクチュアリー │ ヴリンダーヴァン
I agree to have my personal information transfered to MailChimp ( more information )
正統なインド占星術を学びたい方のための最新のブログ記事をお送りします。世界的なインド占星術の泰斗・KNラオらの翻訳書籍やリサーチ動向の最新情報や学習上のヒントが満載です。左のフォームにお名前(あるいはニックネーム)とEメールアドレスを入力して、オレンジ色のボタン「更新情報を受け取る」を押してください。
メールアドレスは第三者に譲渡されることは決してありません。

4 件のコメント

  • 祝賀ムードに浮かれてる人たちに「油断するな」と警告したいお気持ちはわかるのですが、

    ラーシだけ、つまりナヴァムシャも見ないで不吉なことをおっしゃるのはいかがなものかと思います。

  • コメント、ありがとうございます。

    結果的に祝賀ムードに水を差すことになったとしても、それのみを意図していたわけではなかったし、まして不敬があってはいけないと、これでもかなりトーンダウンして書いたつもりでした。

    もちろん、ナヴァーンシャをはじめ、他の主要な分割図も含めて分析しました。

    それらについてはあえて書きませんでした。

    ラーシの分析だけで十分でした。

    もちろんラーシの分析すらあえて書かないという立場もあり得ました。

    しかしこれほど重要なイベントのホロスコープに、これほど明らかな特徴があって、しかしそれについていっさい言及しないというのは、ある意味、不誠実であり不自然でもありました。

    いまは令和が幸多き御代であることを祈るのみです。

  • 元々、令和という漢字のバランスの悪さが気になっていました。
    字面に違和感を感じ、意味を聞いて、それならいい、と思われる方も多くおられたと思いますが、

    字面では、やはり、バランスが悪い。

    平成は、落ち着いています。字面に安定感があります。

    雅子さまは射手座でしたね。

  • > もちろん、ナヴァーンシャをはじめ、他の主要な分割図も含めて分析しました。

    そうでしたか。 知らぬ事とはいえ、申し訳ありませんでした。

    貴重な時間を割いてお返事いただき、ありがとうございます。

  • 中島 英二 にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です