知らぬがホトケ

占星術家にとって一番大切な要素 はなんだろう。

そう自問して

わたしは

これかな…

と思った。

そう

学び続けること。

 

つまり

学び続ける環境に自身を置くこと ができるか?

これがけっこう重要な要素かな

と思う。

 

なぜなら

インド占星術の守備範囲は

ほんとうに広範なんですよ。

 

インド占星術の全貌は茫洋として

頂上もかすんで

先が見えない…。

一説によると

七回生まれ変わらないと学びきれない

とか。

 

そして、

惑星、星座、ハウスは

その大規模構造物の

土台(基礎構造物)

にあたるんだよね。

 

それを勝手にいじって

大丈夫かよ??

って。

 

たとえば

ほんらいインド占星術で使われることのなかった

天王星、海王星、冥王星を

インド占星術でも使うってことは

 

このインド占星術という大規模構造物の

基礎や柱などの構造材をいじることに等しい。

 

その波及効果は

上部構造のすべてに及ぶ。

 

たとえば

寿命計算の際に考慮するパラメータはどうする?

計算でアセンダントを特定する方法(そういう方法もあるのね)のパラメータはどうする?

・・・・

エトセトラ

 

わたしたちがまだ知らない様々なテクニックの

パラメータの全面的な見直しを迫られる

ことになるんだよね。

 

柱を容易に足したり引いたりするのは

掘っ立て小屋ならまだしも

インド占星術という大規模構造物では

命取りになることもあるんだよね。

 

そういうのって

そういうことが見えていたら

なかなか勇気のいる所作だと

思うんだけど…。

 

ほんとにだいじょうぶ…?

 

「だいじょうぶです。半年で鑑定できるようになります」

とかいっちゃってる人もいるようだけど…

※漫画はここから引用しました(↓)。

 

無料動画講座】『ラオ本で学ぶインド占星術』(全86話)のご案内
無料動画講座のメルマガ登録はこちら

 

ジョーティシュ・サンクチュアリー │ ヴリンダーヴァン
正統なインド占星術を学びたい方のための最新のブログ記事をお送りします。世界的なインド占星術の泰斗・KNラオらの翻訳書籍やリサーチ動向の最新情報や学習上のヒントが満載です。左のフォームにお名前(あるいはニックネーム)とEメールアドレスを入力して、オレンジ色のボタン「更新情報を受け取る」を押してください。
メールアドレスは第三者に譲渡されることは決してありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です