「時刻修正、どうしてますか?」③─うまくいかないケース

前々回の記事「時刻修正、どうしてますか?」のつづきです。

時刻修正は、レベルによって二段階あります。

①ラグナの星座が正しいか?
②ラグナの経度(度分秒)が正しいか?

得られる情報によって、①のレベルで終わるか、②のレベルまで進めるか、が決まります。

①のレベルで躓くような場合、鑑定はできません。

つまり、

アセンダントの星座を特定することができない場合です。

 

こんなことがありました。

散々検証した結果、アセンダントは天秤座ではなくて蠍座だとわたしは確信しました。

そう相談者に伝えると

「いや~、わたしは蠍座人間じゃないと思んですよね」

相談者は、「天秤座人間でありたい」という願望から

蠍座アセンダントの可能性をかたくなに拒んできました。

 

でも~

そもそも蠍座人間とか天秤座人間とかいう概念は、

星座占いと無関係なインド占星術にはないんだけどね

 

星座占いをインド占星術にだれかが持ち込んだ結果

そういう不幸な見方が広まってしまった経緯がある

 

そこまでいうなら、残念だけど鑑定は続けられないんだよね。

そういうケースがこれまで何度かありましたね。

 

また、

そもそも出生時刻がまったわからないというケースでは、

①のレベル、すなわちアセンダントの星座の特定さえ困難な場合が少なくなく

いくら膨大な労力と時間をつぎ込んでも、

結局わからずじまいということもあります。

わたしはそういう事案の依頼は、お断りすることにしています。

 

バーラティーヤ・ヴィディヤー・バヴァン でこういうエピソードがありました。

たいへん優秀で生徒たちからもっとも尊敬されている教官A、そしてB。

かれらも

「実は、自分の正確なホロスコープを知らない」

それを聞いたときは、わたしを含め生徒たちはみなたいへん驚いたものです。

 

誤解のないように断っておきますが、

まったくわからないのではなく、

優秀な「先生がわからない」というレベル

一般の「生徒がわからない」というレベル

では、そもそも雲泥の違いがあるってことは理解しておいてね。

 

教訓としていえるのは

誕生時刻というものは、占星術を使えばだれでも必ず正確にもとまる

というものではないということですね。

 

この事実に対して、占星術を学び実践するものは、もっと謙虚にならないといけませんね。

 

ジョーティシュスーパーサイエンスであるとKNラオは説くんだけど

ジョーティシュを使えばなんでもわかるからスーパーサイエンスなのではなく

入力(INPUT)に応じて正確に出力(OUTPUT)が得られるというところが

スーパーサイエンスなんだよね

 

だから

入力(INPUT)がしょぼければ、

必然的に出力(OUTPUT)もしょぼくならざるを得ない

 

ジョーティシュを使えば何でもわかるという子供っぽい万能感は、

むしろ鑑定をあたらなくさせるんだよね。

 

みなさまからの鑑定のお申し込み、承っております → GO

ジョーティシュ・サンクチュアリー │ ヴリンダーヴァン
正統なインド占星術を学びたい方のための最新のブログ記事をお送りします。世界的なインド占星術の泰斗・KNラオらの翻訳書籍やリサーチ動向の最新情報や学習上のヒントが満載です。左のフォームにお名前(あるいはニックネーム)とEメールアドレスを入力して、オレンジ色のボタン「更新情報を受け取る」を押してください。
メールアドレスは第三者に譲渡されることは決してありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です