12室のラーフ期にインド首相ネルーの身に降りかかった災厄

ひとつ前の記事では、アメリカのラーフ期について書きました。

10月中旬に始まった12室のラーフのダシャー。

この時期に何が起きるかを知る手がかりは、
120年前のラーフ期にあります。

120年前、アメリカ帝国主義が興隆し、
アメリカは海外に版図を拡大していきました。

  1. スペインと米西戦争を戦い(1898)
  2. ハワイを併合し(1898)
  3. フィリピンと米比戦争を戦い(1899)
  4. ニカラグアを占領(1912)
  5. ハイチを占領(1915)
  6. ドミニカ共和国を占領(1916)

ところで

12室のラーフといえば、
インド初代首相JLネルーのホロスコープです。

12室の双子座にラーフが在住しています。
12室のラーフ期、ネルー首相になにがあったのでしょうか?

 

 

①国際紛争

1962年11月、中国軍が突然北インドに侵入し、紛争となりました。
インドは大敗し、中国はシッキム王国を占領しました。

 

②病気と死

北京で周恩来と平和会談を終えたばかりだったネルーは
ショックのあまり脳卒中を起こして倒れました。

そして病床に伏したまま回復することなく1964年死を迎えました。

12室のラーフは、すくなくともアメリカとインド(ネルーのホロスコープ)の場合、外国との紛争を意味するようですね。

ジョーティシュ・サンクチュアリー │ ヴリンダーヴァン
正統なインド占星術を学びたい方のための最新のブログ記事をお送りします。世界的なインド占星術の泰斗・KNラオらの翻訳書籍やリサーチ動向の最新情報や学習上のヒントが満載です。左のフォームにお名前(あるいはニックネーム)とEメールアドレスを入力して、オレンジ色のボタン「更新情報を受け取る」を押してください。
メールアドレスは第三者に譲渡されることは決してありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です