内閣の認証式、もっと早くならない??

第4次安倍内閣が発足しました。

占星術に携わるわたしたちにとって
気になるのが新内閣のホロスコープです。

何か重要なことを始めるとき
開始の日時を慎重に決めるのは
インド占星術の主要テーマのひとつです。

そのテーマを扱うジャンルは
ムフールタ(मुहूर्त)と呼ばれます。

日本で唯一の本格的なムフールタの教科書(↓)です。

ところで

王が即位する日時は
むかしからムフールタで決められてきたといわれます。

実は

戦後インドが建国するときも
ムフールタで8月15日午前0時とされました。

当日、夕刻に開始されたインドの議会
午前0時になるまで待って独立宣言をしました。

インド建国図については別の機会に書いてみようと思います。

はなしをもとにもどすと…

第4次安倍内閣発足のホロスコープは
天皇による認証式の日時を用いるとだいた次のようになります。

認証式午後3時半だと【速報】閣僚名簿発表 第4次安倍改造内閣の全容 初入閣は12人(FNN PRIME)に書いてありました。

政府・内閣を表す10室の支配星12室でケートゥとコンジャンクトしています。
太陽8室支配の水星と8室でコンジャンクトしています。

はっきりいって弱いなぁ~。
最後の安倍政権レイムダック化しそう…??

12室火星ケートゥ外患に悩まされることを意味する。
外国勢力による工作活動、外国との小競り合いとか…。

良いところも書いておかないと不公平だから書きます。

アセンダントが不動星座
アセンダントの支配星がアセンダントにアスペクトしている。

これは、様々な困難にもかかわらず耐え抜く粘り強さをもたらします。

でも、いつも思うんだけど

組閣時の認証式いつも夕方だよね
なぜ「昼に認証式を行う」ことができないんだろうって。

なぜって
夕方以降になると太陽が弱くなるんです。

太陽権力を意味するので
権力にかんするムフールタでは弱い太陽は避けるべきです。

僕なら
昼に認証式が行えるように逆算して組閣するんだけどね。
そうやって太陽を強くする

その点

アメリカ合衆国大統領就任式(宣誓式)はいいよね。

1937年以降は、アメリカ合衆国憲法修正第20条により、大統領選挙一般投票翌年の1月20日正午(アメリカ東部標準時)より新大統領の任期は開始される」 (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

1月20日正午に宣誓式が必ず行われる。
もしその日が日曜日なら、翌日の正午に行われる。
正午開始は変わらない。

トランプ大統領就任式のホロスコープです。

 

ね、5室を支配する太陽10室に在住してディグバラ(方角の強さを得ていて強いですね。
5-10の絡みはラージャヨーガでもあります。

あと

正午はアビジットムフールタと呼ばれて
ラーマ神が生まれた時間帯でもあるんだよね。

ムフールタをきちんと手順を踏んで選ぶのがめんどうなら
「とりあえずアビジットムフールタを選んでおけ」
と言われているくらいなんだよね。

追記:

安倍首相が再任されたわけではないので、今回の認証式のホロスコープの有効性はさほど強くはないかも知れません。

家にたとえれば、「新築」ではなくて「改修(リフォーム)」程度の変化とでも言えますかね。

さほど重視する必要はないかも知れませんね。

 

無料で本格的なインド占星術を学んでみませんか?(↓)

無料動画講座】『ラオ本で学ぶインド占星術』(全86話)のご案内
無料動画講座のメルマガ登録はこちら

 

ジョーティシュ・サンクチュアリー │ ヴリンダーヴァン
正統なインド占星術を学びたい方のための最新のブログ記事をお送りします。世界的なインド占星術の泰斗・KNラオらの翻訳書籍やリサーチ動向の最新情報や学習上のヒントが満載です。左のフォームにお名前(あるいはニックネーム)とEメールアドレスを入力して、オレンジ色のボタン「更新情報を受け取る」を押してください。
メールアドレスは第三者に譲渡されることは決してありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です