google-site-verification=-J7FchWsWxfhZZkqq6-sUTsPHNmkkjXbOSMg1i6Mopw
お知らせ

輪廻転生の真実~『カルマと輪廻転生』(その12)

『ラオ先生が書いたインド占星術の教科書~占星術が明かすカルマと輪廻転生』

ペーパーバック(オンディマンド)の四冊目。
1月に出版する予定で最終的な編集作業に入っています。

その原稿のなかから一部を紹介しています。
 

今回は、著者が到達した結論です。

著者は、過去生を記憶している人の過去生をたどり、
その人の過去生のホロスコープを入手し
今生のホロスコープに照らして検証した結果、
その両方のホロスコープの間に関連性を見いだしました。

そして、過去生のホロスコープのなかに、
今生のホロスコープから読み取ることができる
カルマのパターン、サンスカーラ(メンタルの傾向)の原因を
見いだしました。

結論

確かなことは、だれもカルマから逃れられないという厳然たる事実です。そしてわたしは、次のような結論に到達することができて、わたし自身にとってたいへん有益だったと感じています。

1.

この生に起きることはすべて、ある程度まで、過去生のホロスコープからたどることができます。
 

2.

今生のサンスカーラ(メンタルの傾向)は明らかに過去生にまでさかのぼって説明することができます。

『ガルーダ・プラーナ』(गरुड़ पुराण)に書かれてあることが正しいことが、わたしにははっきりとわかりました。

これも敏感な部分ですので、ここではほのめかす程度でとどめておきますが、くわしく論じようと思えば論じることができます。

わたしは、今生のホロスコープのなかに、サンスカーラがより詳細に現れており、そしてその新しい意味合いも見いだすことができました。

ホロスコープを心理学的見地から理解するという、とくにアメリカを中心とする西洋占星術の立場が、たんなる虚勢であり、中身がなくいたって単純なものであるということがよくわかりました。

3.

あるハウスの支配星が高揚するとか減衰する、逆行する吉星に凶星がアスペクトするというような現象について、より深い理解が必要です。

わたしはこれついて光明を見いだしました。

ここで強調しておきたいのは、もしあなたのホロスコープで5室、10室、3室の支配星が減衰しているなら、あなたはカルマのパターンを改善すべきです。

 
 

著者は、精神病理の原因を幼児虐待などの幼児体験に
紐付けようとする欧米の心理学に対して
つねに批判的です。

精神病理などの原因は
過去生にまでたどることができるし、
その可能性については
ホロスコープの検証から光明が見いだされたとしていますね。

3室、5室、10室支配星が減衰している人は、
カルマのパターンを改めるべきとという結論は
覚えておく必要がありそうです。

 

さて本書はA5サイズで310ページの分量になりそうです。
本物のスピリチュアル占星術の決定版、
まもなくペーパバックでお読み頂けます。

 

100本を超える無料動画コース

 

なぜそんなに的中するのか? それは数千年の伝統を誇る正統インド占星術だからなんです。

高い精度未来がわかるインド占星術を一緒に学んでみませんか?

本格的無料動画コース(全88本)を用意しました。 1年以上かけてつくった本格的なインド占星術の動画コースです。

関連する啓蒙動画を含めると100本を超えます。 すべて無料です。

 
こんなにも無料で公開しちゃって いいんですか? ありがとうございます!
 

 

そういうメールをこれまでに多数いただいています。

 
はい、いいんです!
 

登録すると一日おきに1レッスンずつメールでYouTube動画が届きます。

お申し込み
無料動画講座】『ラオ本で学ぶインド占星術』(全88話)のご案内 無料動画講座のメルマガ登録はこちら

 

無料動画コースのテキストをオンディマンド(ペーパーバック)でAmazonからご購入いただけるようになりました。

記事更新をお知らせするメールの登録

 

↓登録はここで。

ジョーティシュ・サンクチュアリー │ ヴリンダーヴァン
I agree to have my personal information transfered to MailChimp ( more information )
正統なインド占星術を学びたい方のための最新のブログ記事をお送りします。世界的なインド占星術の泰斗・KNラオらの翻訳書籍やリサーチ動向の最新情報や学習上のヒントが満載です。左のフォームにお名前(あるいはニックネーム)とEメールアドレスを入力して、オレンジ色のボタン「更新情報を受け取る」を押してください。
メールアドレスは第三者に譲渡されることは決してありません。