知る

清水俊介

  • 現 在: インド占星術研究家、JJS代表
    日本にインド占星術のインフラを構築中。
    ミッションは、バーラティーヤ・ヴィディヤー・バヴァン占星術学校を見本にした本格的な占星術学校を日本につくること。
  • 学 校: バーラティーヤ・ヴィディヤー・バヴァン占星術学校(BVB, 2009~2014)
  • タイトル: ジョーティシュ・アーチャリア(BVB, 2009)、Ph.D.(北海道大学)
  • 受賞歴: ラメーシュ・チャンダー・チョーダリ・アワード受賞2回(BVB, 2014と2013)
    サロージ・メモリアル・アワード受賞(BVB, 2010)
  • マルマ歴:マルマ・チキッサ・セミナーⅠ/Ⅱ修了(MM, 2010.10, 2011.4, 2013.11, 2014.4)
  • 他の資格: 英検1級、ヒンズー語 初・中級 (केंद्रीय हिंदी संस्तान, 2010.1~2012.6; हिन्दूगुरु, 2013.7~2014.6)

※ BVB: Bharatiya Vidya Bhavan(バーラティーヤ・ヴィディヤー・バヴァン
※ MM: Mrityunjay Mission(NPOムリチュンジャヤ・ミッション

  • コミック「流水りんこのインド占星術は深いぞ~!」の後半に師匠KNラオと絡んで登場しております。

【履歴】

北海道大学博士課程修了(PhDホルダー)。
ノーベル賞受賞者を60人以上輩出してきた欧米の有名大学で2年間助手を務める。

帰国後研究職に就き、しばらくしてスピンアウトしてベンチャー(業務系ソフト開発)に参加。
過労による体調不良から早期リタイヤ。
そのときまでに多少の小金を蓄えていたので、以後、フリーランスを中心としたスロー・ライフを送る。
その間、外資系マーケティング・リサーチ会社、電子機器製造会社などの業務を請け負う。

・2000年頃からインド占星術を学びはじめる。
・2003年、インド大使館で開催された某貿易会社主催のヴィシュヌ・バスカー氏の講演会で通訳を務めたのがきっかけで、インド占星術に集中しはじめる。ヴィシュヌ・バスカー氏は高級官僚出身のBVB卒業生。
・2004年から小さな勉強会を開催し現在の主要メンバー、ヨコリンやマユたちと出会う。
・2006年頃から毎年BVBに通い始める。
・2008年末から2014年までBVBに在籍しKNラオのクラスで(ときには自宅で)直接KNラオから指導を受ける。
その間、サロージメモリアル賞などを3度受賞する。
2010年の国際マンデーン占星術の講演(写真下)、2013年のムンバイで行われたジェイミニセミナーでは、ラオ先生の助手を務め、パワーポイントの作成及びプレゼンを担当する
・2014年5月に帰国し、現在に至る。

趣味は大自然の中で歩くこと。
高尾山麓から相模湖畔までの18.5キロの山道をこよなく愛す。
2015年は125回、2016年は78回、2017年75回歩いた。

また、スキーは1級なみの腕前(だった)。
学生時代、深雪の山スキーをこなし、富士山頂上からスキーで滑り降りたことがある。

長所:集中力、なにごとも習慣化することで結果を出すタイプ。
短所:凝り性(なにごともすこしやり過ぎるところ)
信仰:浄土真宗(先祖代々浄土真宗の檀家です)
相模湖の与瀬神社には300回以上参拝している。
伝統をリスペクトし、基本的に古いもの、たとえば古色蒼然とした寺社仏閣が大好きです。
新興宗教等にはまったく興味ございません(勧誘・レッテル貼りはお断りします)。


与瀬神社(相模湖畔)

ジョーティシュ・サンクチュアリー │ ヴリンダーヴァン
正統なインド占星術を学びたい方のための最新のブログ記事をお送りします。世界的なインド占星術の泰斗・KNラオらの翻訳書籍やリサーチ動向の最新情報や学習上のヒントが満載です。左のフォームにお名前(あるいはニックネーム)とEメールアドレスを入力して、オレンジ色のボタン「更新情報を受け取る」を押してください。
メールアドレスは第三者に譲渡されることは決してありません。