生まれ変わりはホロスコープにどうでるの?(4)

無料動画講座】『ラオ本で学ぶインド占星術』(全86話)のご案内
無料動画講座のメルマガ登録はこちら

 

死の瞬間意識状態

次の転生に重要な影響を及ぼす

といわれています。
 

マハトマ・ガンディーはいつも

「ラーマ、ラーマ、ラーマ・・」

と唱えていたそうです。

 

そして凶弾に倒れたとき、

「ラーマ」

と言って息絶えたそうです。

死に際してのマハトマ・ガンディーの意識状態は

どうだったのでしょうか。

 

わたしがいま訳している

KNラオ著「カルマと輪廻転生」パート2)のなかで、

こういう事例が紹介されてありました。
 

(↑これはパート1)

 

ある女性がひとつ前の生で、

難産で苦しんだすえに亡くなっていた

ことがわかりました。

 

その女性のホロスコープでは、

5室(子供)7室(結婚)

深く傷ついていました。

 

つまり

 

結婚はせず子供も産まないという

ホロスコープです。

 

死ぬときの意識状態、

すなわち結婚と出産はもう絶対しない

という意識(決意)が、

転生したときのホロスコープに

現れたのではないかという分析でした。

 

というわけで

死ぬときの意識状態

次の転生先やその状況を決定する

という考えは、

 

占星術においてもあてはまりそうです。

おそらくマハトマ・ガンディーは、

ラーマ神の世界に転生したのかもしれません。

無料動画講座】『ラオ本で学ぶインド占星術』(全86話)のご案内
無料動画講座のメルマガ登録はこちら
ジョーティシュ・サンクチュアリー │ ヴリンダーヴァン
正統なインド占星術を学びたい方のための最新のブログ記事をお送りします。世界的なインド占星術の泰斗・KNラオらの翻訳書籍やリサーチ動向の最新情報や学習上のヒントが満載です。左のフォームにお名前(あるいはニックネーム)とEメールアドレスを入力して、オレンジ色のボタン「更新情報を受け取る」を押してください。
メールアドレスは第三者に譲渡されることは決してありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です