時間と空間 その2: 過去と記憶

前回の続きです。

論考2:時間=意識?

過去とは、記憶のことである。

ここではたと思い当たることがあります。

前回の記事で書いたナメクジについてです。

ナメクジにとっての「過去」とはなんでしょうか?

結論から言えば、そんなはなしは「ねつ造」です。

だって

ナメクジに意識、そして記憶がなければ「過去」なんてナメクジにとって無意味だからです。

そしてナメクジに記憶があるという証拠はありません。

そこから

「過去」とは、記憶と密接に関係する概念ではないかと推測されます。

「昨日のことのように憶えている」という言葉があるように、昨日のことは一般に現在進行形の範疇でとらえられます。

しかし認知症の人にとって、昨日のことはもう記憶に残っていません。

そう

認知症の人にとって昨日はすでに「過去」の出来事、

すでに忘却の彼方にあるのです。

認知症が重篤な場合、数分前に起きたことも忘却の彼方、つまり「過去」になってしまいます。

では「未来」はどうなのか?

「未来」とは、現在を認識できてこそ想定できる概念です。

「現在」が限りなく薄くなっていく認知症の人にとって、「過去」同様に「未来」も『忘却』されていきます。

そう、「過去」も「未来」も「現在」も、記憶があって初めて存在し得るのです。

RECAP

すこしまとめておきましょう。

  1. 時間は高次元から見るなら空間と同値であり、その場合、過去も未来も現在に集約される。
  2. 時間は、記憶とも密接に関係し、記憶の源泉である意識のない存在にとって、時間は無意味である。

これまでの論考から、時間は最終的に意識に依存する、ということになってきました。

 

ついでなので、もうすこし妄想を膨らませましょう。

 

意識の次元が高くなれば、過去と未来は縮小し、現在が大きくなります。

現在とは認識できる空間のことで、

現在が大きくなるとは、認識できる空間が広がることで

その延長上に「空」の体験があるのかも知れません。

認識が無辺に広がるという体験です。

 

そのとき、過去も未来もなく、

すべてが同時(現在)にあるという体験です。

時空を越えるという体験です。

 

つまり、

 

意識が高くなれば、時間は空間に置き換えられ

空間は無辺に広がり、

すべてを見渡せる。

この境地を悟りというのかな?

 

てか?

ジョーティシュ・サンクチュアリー │ ヴリンダーヴァン
正統なインド占星術を学びたい方のための最新のブログ記事をお送りします。世界的なインド占星術の泰斗・KNラオらの翻訳書籍やリサーチ動向の最新情報や学習上のヒントが満載です。左のフォームにお名前(あるいはニックネーム)とEメールアドレスを入力して、オレンジ色のボタン「更新情報を受け取る」を押してください。
メールアドレスは第三者に譲渡されることは決してありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です