KNラオの警告の補足

インドから帰国しました。

デリーの空気汚染は人体にとって危険なレベルに達していて、

医師が外出中止を呼びかけていたほどでした。

ニューデリーの空は「ガス室」、医師が外出中止を呼びかけ(ロイター)
「タバコを1日に50本吸うのと同じくらい有害な空気」

 

わたしは喉をやられ、最後の数日は発熱しました。

帰国してしばらくたつのに咳がまだ止まりません。

 

さて

前回の記事で「ラオ先生の警告」を紹介しました。

同様のテーマについて、2010年10月、ヴィシャーカパトナムのマンデーン占星術国際会議に参加した際、ラオ先生はサプタリシのスニール・ジョンのインタービューの答える中で、もう少し詳しく述べています。

動画(下)がありますので、紹介しましょう。

31分45秒のところです。

 

スニール・ジョンからの質問です。

若い世代はこのことについてもっと詳しく知りたがっています。

それは、自滅していく占星術師はたしかにいます。

みんなそれを目撃しています。

しかしその一方で、大金を稼ぎ、大きな資産を築きながら、平穏に死んでいく人たちもいます…。

 

KNラオ回答です。

それは、人をだましていないからだ。

しかし、もし人をだましていたら、カルマはかならず返ってくる。

報いはかならず受けなければいけない。

それは避けられない。

占星術の場合、その報いは早い。

なぜなら、かれらは、人々の心の奥底に恐怖心を植え付けているからだ。

心の奥底に恐怖心を植え付ける行為はもっとも罪深い。


(本動画は2010年清水が録画し、その後2014年にサプタリシに提供したものである)

 

少し前のところで、いくつかの具体例を挙げてから、ラオ先生は次のようにも語っています。

そういう悲劇をわたしはたくさん見てきた。

それは迷信なんかではない。

カルマは、たいてい48歳から60歳のときにそういうかたちで返ってくる。

かれら(詐欺を働いた占星術師)は、最後の数年間苦しみぬき、死んでいく。

 

 

ジョーティシュ・サンクチュアリー │ ヴリンダーヴァン
正統なインド占星術を学びたい方のための最新のブログ記事をお送りします。世界的なインド占星術の泰斗・KNラオらの翻訳書籍やリサーチ動向の最新情報や学習上のヒントが満載です。左のフォームにお名前(あるいはニックネーム)とEメールアドレスを入力して、オレンジ色のボタン「更新情報を受け取る」を押してください。
メールアドレスは第三者に譲渡されることは決してありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です