成功と11室 その2

Journal of Astrologyの記事から紹介します。
著者はモニカ・サクセナ、わたしの同級生ですが、たいへん優秀な占星術家です。
本業は経営コンサルタントです。

成功者のホロスコープの特徴は、9室11室強いのことです。
9室は、11室から見た11室です。

出典

記事:“Success and 11th House”: Journal of Astrology, Jan.-Feb. 2011, 44-52. 
著者:Monica D Saxena

        

成功者のホロスコープ

ラグナが強く、好ましいヨーガがたくさんできていることを確認した後、以下の項目をチェックして成功の可能性を調べることができます。

①11室の支配星の状態

  • 11室の支配星がケーンドラやトリコーナにあるのは好ましい。
  • 11室の支配星が自室にあるのも好ましい。
  • 高揚する11室の支配星は好ましい。
  • 11室の支配星が6室や8室の在住するのは好ましくない。

②11室に絡む惑星の数

11室やその支配星に絡む惑星の数が多ければ多いほど繁栄します。

③ナヴァーンシャ(D9)

11室やその支配星に絡む惑星の数をナヴァーンシャ・チャート(D9)でも確かめる。

④アシュタカヴァルガ

ラグナ、月、太陽から数えた10室と11室のアシュタカヴァルガのビンドゥーを調べる。
10室のビンドゥーが大きく、さらに11室のビンドゥーがそれよりも大きければ、繁栄する。

⑤11室の支配星と2室の支配星が絡み合っている

11室(収入)と2室(富)の支配星どうしが絡んでいる、あるいは互いにケーンドラにある、あるいは星座交換していると繁栄します。

⑥ラージャヨーガとダナヨーガ

地位をもたらすラージャヨーガと富をもたらすダナヨーガを調べます。

⑦ダシャー

適切な時期に、成功と達成をもたらすダシャーが巡ってくるかどうかを見ます。

(つづく)

※著作物から要約・引用するにあたり、わたしはラオ先生との間で契約を交わしております。

ジョーティシュ・サンクチュアリー │ ヴリンダーヴァン
正統なインド占星術を学びたい方のための最新のブログ記事をお送りします。世界的なインド占星術の泰斗・KNラオらの翻訳書籍やリサーチ動向の最新情報や学習上のヒントが満載です。左のフォームにお名前(あるいはニックネーム)とEメールアドレスを入力して、オレンジ色のボタン「更新情報を受け取る」を押してください。
メールアドレスは第三者に譲渡されることは決してありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です