メルマガ『ラオ本で学ぶインド占星術』には、こんなこと書いてあります…(第40話)

今回は。

無料動画講座】『ラオ本で学ぶインド占星術』

のメルマガの内容を少し紹介しましょう。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

第40話の動画をお届けします。

今回は、「ヴィシュヌ神の10の化身」です。

ヒンドゥーでは、

宇宙は創造・維持・破壊のサイクルを繰り返しているとされており

そのサイクルはマハー・ユガと呼ばれ

以下の4つのユガ(時代)から構成されるとされています。

①サティヤユガ
②トレータユガ
③ドゥヴァーパラユガ
④カリユガ

実は

最先端の宇宙物理学でビッグバン・セオリーが唱えられはじめたとき

ビッグバン・セオリーを彷彿させるこの古代インドの宇宙観の妥当性に

科学者達は驚きを持って瞠目したとされています。

最も優秀な最先端理論物理学者達が

苦労の末に到達した山の頂(いただき)には

すでに先客が居いました。

 

 

そう、そこには

東洋の瞑想家がずっと昔から鎮座し瞑想をしていたのです…

そんなすてきなカリカチャー(風刺画)を学生時代に見たのを憶えています。

わたしたちはいま

マハーユガの最後のサイクル

カリユガに生きています。

これまでに

宇宙が危機に瀕するたびに

9回、ヴィシュヌ神の化身が登場し

宇宙を救ったとされています。

そして

9回目に登場した化身が釈尊(仏陀)

10回目に登場する化身カルキはまだ登場しておらず

カリユガの最後の最後に

カルキは登場し多くの魂を救済し

そして宇宙は破壊されるとされています。

そして

これまでに登場したの化身は

占星術で使われるナヴァグラハ(9つの天体)に対応している

というのも味噌です。

また

9に何を掛けても9になることは知られています。

x 2=18 → 1+8=
x 3=27 → 2+7=
x 4=36 → 3+6=
x 5=45 → 4+5=

の二乗=81 → 8+1=
の三乗=729 → 7+2+9=18 → 1+8=

神話数秘術から見ても、

という数字は完璧で

天王星、冥王星、海王星の入る余地など

なさそうです。

ちなみに

ブラフマーの数字

と呼ばれています。

これに対して

マーヤーの数字です。

8 x 2=16 → 1+6=7
x 3=24 → 2+4=6
x 4=32 → 3+2=5

は、このように

だんだん減っていきますよね。

では、動画をご覧ください。

A-40:ラオ本で学ぶインド占星術(無料動画コース)~ダシャーヴァターラ
https://www.youtube.com/watch?v=h1kcd_CZBJE
 

無料動画講座】『ラオ本で学ぶインド占星術』(全86話)のご案内
無料動画講座のメルマガ登録はこちら

 

ジョーティシュ・サンクチュアリー │ ヴリンダーヴァン
正統なインド占星術を学びたい方のための最新のブログ記事をお送りします。世界的なインド占星術の泰斗・KNラオらの翻訳書籍やリサーチ動向の最新情報や学習上のヒントが満載です。左のフォームにお名前(あるいはニックネーム)とEメールアドレスを入力して、オレンジ色のボタン「更新情報を受け取る」を押してください。
メールアドレスは第三者に譲渡されることは決してありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です