”危険な暑さ”ーこれはもう自然災害です

埼玉県熊谷市で午後2時16分に国内の観測史上最も高い最高気温41・1度を観測しました。

ホント、暑いですねぇ~。

ところで

35°を越える猛暑日を記録した観測地点が、

7月14日から連日150を越えています。


(7月19日(木)15時35分 ウェザーニュース)

7月14日の直前になにがあったのでしょうか?

つまり

7月14日、その前とその後、Before and After

の秘密に迫ります!

 

はい、占星術的には、7月14日の前日、

すなわち7月13日新月がありました。

 

7月13日の新月図(東京)は以下の通りです。

7月13日の新月図とは、

双子座(右上端)で太陽(Su)と月が(Mo)が

同じ度数(26:34)になる瞬間の天体配置図です。

 

このホロスコープから、

向こう2週間の間に日本に何が起きるのか

を見てとることができます。

 

このホロスコープを解釈するときに便利なチャクラ(図形)があります。

それは、このラーシ・サンガッタ・チャクラです。

チャクラ内の番号は星座を表します。

赤い太文字で結ばれた星座

3(双子座)-10(山羊座)-6(乙女座)

はつながっています。

 

そこにAs(アセンダント)、火星(Ma)、太陽(Su)、ケートゥ(Ke)が在住し、

互いにヴェーダ(アスペクト)しあっています。

 

つまり

日本の国民(アセンダント)は

すべての火の惑星(火星、太陽、ケートゥ)の影響下にある

ことを示しています。

 

なるほどねぇ~。

 

それで観測史上最も高い最高気温を記録した今日のホロスコープはどうなのか?

左下の囲み内にあるMBはムリチュバーグの有無を示しています。
そのカラムに数字が記載されている惑星は、ムリチュバーグにあると判断されます。
この場合、太陽とケートゥがムリチュバーグにあることになります。

ポイントは二つ。

火の惑星すべて(火星、ケートゥ、太陽)が、天候を司る水星に絡んでいる。
②太陽とケートゥはムリチュバーグ(MB)と呼ばれる致命的な度数にある。

そして①についていえば

・火星とケートゥは11度で密接にコンジャンクト(接合)している。
・火星、ケートゥ、太陽、ラーフ、水星は、日本建国図(射手座アセンダント)の8室(災害)に絡んでいる。

なので、その結果は激しく出て、「自然災害レベル」と形容されているわけですね。

気象占星術、なかなか興味深いです。

もっと深く研究してみたいですね。

 

ジョーティシュ・サンクチュアリー │ ヴリンダーヴァン
正統なインド占星術を学びたい方のための最新のブログ記事をお送りします。世界的なインド占星術の泰斗・KNラオらの翻訳書籍やリサーチ動向の最新情報や学習上のヒントが満載です。左のフォームにお名前(あるいはニックネーム)とEメールアドレスを入力して、オレンジ色のボタン「更新情報を受け取る」を押してください。
メールアドレスは第三者に譲渡されることは決してありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です