教育 その13:土木工学

教育シリーズ、今回は土木工学です。

土木工学は、橋梁、道路、鉄道、河川、上下水道、交通を扱う学問です。

関連する領域は、地質工学、構造工学、環境工学、交通工学など多岐に及びます。

重要な惑星は、火星、土星、水星です。

ハウスは、4室、5室、10室です。

出典

書籍:『Planets and Education』(2008)
著者:Naval Singh

事例

12年生の試験で優秀な成績を収め、1992年にデリー大学の工学部に入学しました。
かれは現在政府系の組織で水利事業に携わっています。

DOB:1974年9月4日
TOB:09:58
POB:Dal,ai

 

ラーシ(D1)

5室の水瓶座は、風の星座で、土星が支配します。

5室には逆行する木星が在住し、太陽と金星にアスペクトされています。

木星はラーフのナクシャトラに在住し、ラーフは火星の星座に在住しています。

5室を支配する土星は、水星が支配する9室で木星が支配するナクシャトラに在住し、木星にアスペクトされています。

水星から見ても、土星は5室を支配しています。

ラグナから見ても、水星から見ても、5室にはノンテクニカルな惑星が絡んでいます。

4室と5室を支配する土星は、10室を支配する月にアスペクトしています。

このように、4-5-10の絡みが成立し、職業に直結する科目を専攻することを示しています。

10室には、どの惑星も絡んでいません。

10室を支配する月は、土星のナクシャトラに在住し、火星、土星、水星にアスペクトされています。

10室は、火星、土星、水星の影響下にあるといえます。

ゆえに、4-5-10の絡みが成立し、火星、土星、水星が10室の支配星に絡んでいて、土木工学の専攻を示しています。

ナヴァーンシャ(D9)

ナヴァーンシャでは、金星は5室と10室を支配しています。

金星は、4室で土星とコンジャンクトし、4室を支配する高揚する火星にアスペクトされています。

火星は、水星とコンジャンクトしています。

火星、水星、土星が、4室と10室に影響を及ぼしています。

さらに、4-5-10の絡みも成立しています。

以上から、ナヴァーンシャにおいても土木工学を専攻することが示されていることがわかります。

エンジニアの場合、5室よりも10室の方が教育のパターンをより雄弁に語る傾向があります。

しかしそうであっても、5-10の絡みは必要です。

ダシャー

1992年にデリー大学の工学部に入学しました。

水星/土星/土星期でした。

ラーシ(D1)

マハーダシャー・ロードの水星は9室を支配し、火星とコンジャンクトし、10室を支配する月にアスペクトされています。

ラージャヨーガを形成しています。

学業に関してこの上ないダシャーです。

アンタルダシャーとプラティアンタルダシャーの支配星・土星は、4室と5室を支配し、10室を支配する月にアスペクトしています。

アンタルダシャーとプラティアンタルダシャーを支配する土星は、マハーダシャー・ロードの水星から見て10室に在住しています。

ダシャーの配置としては申し分ありません。

ナヴァーンシャ(D9)

ナヴァーンシャでは、マハーダシャー・ロードの水星は9室を支配し、4室を支配して高揚する火星とコンジャンクトし、4室から土星にアスペクトされています。

アンタルダシャーとプラティアンタルダシャーを支配する土星は、5室と10室を支配する金星と、4室でコンジャンクトし、10室にアスペクトし、さらに4室を支配する火星、そして水星にもアスペクトしています。
ています。

アンタルダシャーとプラティアンタルダシャーを支配する土星は、マハーダシャー・ロードの水星から見た4室に在住しています。

これも、ダシャーの配置としては申し分ありません。

ダシャー・ロードは、4室、5室、火星、土星、水星と系統的に絡んでいます。

※著作物から要約・引用するにあたり、わたしはラオ先生との間で契約を交わしております。

ジョーティシュ・サンクチュアリー │ ヴリンダーヴァン
I agree to have my personal information transfered to MailChimp ( more information )
正統なインド占星術を学びたい方のための最新のブログ記事をお送りします。世界的なインド占星術の泰斗・KNラオらの翻訳書籍やリサーチ動向の最新情報や学習上のヒントが満載です。左のフォームにお名前(あるいはニックネーム)とEメールアドレスを入力して、オレンジ色のボタン「更新情報を受け取る」を押してください。
メールアドレスは第三者に譲渡されることは決してありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です