「時刻修正、どうしてますか?」①

昨日、半年ぶりに新さっぽろ駅の近くのカフェで鑑定をしました。

 

北海道はカフェ(喫茶店)もスペースに余裕があって

ゆったりテーブルの上に資料を広げて鑑定できるのが心地いいですね。

 

鑑定は、例によって検証作業から始まります。

 

昨日の相談者の場合、

最初から誕生時刻が18:00~18:30だということをうかがっていましたが、

前日になって12:30~14:00説も報告され、

「こりゃやっかいなケースだなぁ~」

と少々当惑しながら準備を始めました。

結局

アセンダントの候補は山羊座、水瓶座、魚座、牡羊座の4つということになりました。

それで

会場へは4種類のホロスコープ(清水フォーマット)を持参しました。

この段階ですでに1時間半近くの作業をこなしていることになります。

 

最初に、

「時刻を特定することを時刻修正と呼んでいますが、
 結局、それができなこともあります」

「時刻修正ができるかできないかは、
 半分がわたしのスキルですが、
 半分は運みたいなことろもあります」

とやんわりと前置きした上で、アセンダントを特定する作業を開始しました。

ところで

時刻修正の作業で最初にアセンダント(ラグナ)の特定をしますが、

そのとき

わたしがいつも採用するテクニックは次の4つのうちのどれでしょうか?

①アセンダントの星座の象意と事実関係を照合し、さらにダシャーで検証する
②アセンダントのナクシャトラの象意と事実関係を照合し、さらにダシャーで検証する
③アセンダントの星座ナクシャトラの象意と事実関係を照合し、さらにダシャーで検証する
④アセンダントから見たハウスを軸に事実関係を照合し、さらにダシャーで検証する

世間では、①~③のテクニックが主に使われているようですが

私の場合、もっぱら④です。

①~③はほとんどというかまったく考慮しませんね~。

 

わたしが6年間学んでいた占星術学校 バーラティーヤ・ヴィディヤー・バヴァン でも

教授たちのなかで①~③を使っているというはなしはきいたことがないんですよね。

話題にすらなりません。

 

「そりゃハウスでしょ、他にあるの?…」みたいな。

 

 

結局、午後1:54付近じゃないかという結論に達しました。

 

諸々の事実関係の多くが照合し、

現状の把握と今後の展開などについても

ご相談に応じることができました。

 

無事成功

でした。

 

でも

この鑑定だけで半日かかりました。

こういうこと、いつまで続けていられるやら…ですね。

ジョーティシュ・サンクチュアリー │ ヴリンダーヴァン
正統なインド占星術を学びたい方のための最新のブログ記事をお送りします。世界的なインド占星術の泰斗・KNラオらの翻訳書籍やリサーチ動向の最新情報や学習上のヒントが満載です。左のフォームにお名前(あるいはニックネーム)とEメールアドレスを入力して、オレンジ色のボタン「更新情報を受け取る」を押してください。
メールアドレスは第三者に譲渡されることは決してありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です