アメリカのチャートで見るファーウェイ副会長逮捕事件

ファーウェイ副会長逮捕事件の続きです。

1月28日、ついに米司法省ファーウェイ孟氏起訴
1月30日、孟氏アメリカに引き渡すようカナダ政府要請しました。

カナダ当局はこれから30日以内に、彼女の身柄を引き渡すかどうかを決定することになる。米国とカナダの決まりでは、両国のどちらでも犯罪となる事案として十分な嫌疑があれば、彼女の身柄が引き渡されることになる。身柄引き渡しの決定が下されれば、18年8月22日にニューヨーク州の裁判所から発行されていた逮捕令状に基づいて、彼女は米国に送られ、逮捕されることになる。そして裁判で、これまで出てこなかった話も出てくるだろう。そうなれば、またファーウェイがニュースをにぎわせるはずだ。

ITmediaビジネス」(2019年01月31日 07時00分)

孟氏アメリカに引き渡さないように
中国カナダ圧力をかけていることは周知の事実。

中国内カナダ人13人も逮捕したり
15年の禁固刑だったカナダ人死刑判決を下すなど
中国「人質外交」を展開しています。

参考:「カナダ人を13人も捕まえた、中国の『人質外交』が止まらない理由」BLOGOS

コンポジットメソッド

さて 本題です。

8室・12室が物語るファーウェイ副会長逮捕事件~中国のチャートで見る!

に続いて

アメリカトランプ大統領のホロスコープでも
同様のことを分析してみましょう。

それが今回の試みです。

インド占星術では一つの出来事を
色々な角度から
見て取ることができるんですよね。

そして

そうすることで出来事を
立体的に浮かび上がらせ
本質をあぶり出す

あるいは

そうすることで
プレディクションの精度を上げる

そういうアプローチを
「コンポジット・メソッド」
と言います。

①複数のダシャー
②複数の分割図
③複数のホロスコープ

などを使うことで鑑定精度を上げる。

鑑定でわたしが
本人だけでなく
家族のホロスコープ
見るようにしているのは

そういう理由から
なんです。

今回は
③複数のホロスコープ
を使うケースです。

同じイベントが複数のホロスコープにどう出ているか?

つまり再現性の確認です。

では

アメリカトランプ大統領
ホロスコープを見ていきましょう。

アメリカ合衆国のホロスコープ

孟氏が逮捕された2018年12月1日
アメリカのホロスコープのヴィムショッタリーダシャー
ラーフ/ラーフ/ラーフでした。

ラーフ(Ra)12蟹座に在住しています。
(Asから時計回りにカウントして12番目のハウスを12室と呼ぶ)

ね、12でしょ。

12外国を表しますが
秘密工作・スパイのハウスでもあります。

ラーフ(Ra)2支配する水星(Me)
12(スパイ)でコンジャンクトしています。

2経済のハウスで
水星(Me)通信ビジネスカーラカ(表示体)です。

これは産業スパイ事件です。

 

次に

ジェイミニチャラ・ダシャーでも見てみましょう。

ダシャー山羊座/獅子座でした。

マハー・ダシャー山羊座から見ると
アセンダント(As)とカーラカーンシャ・ラグナ(KL)
8にあります。
(カーラカーンシャラグナ:D9でAKが在住する星座をD1ではラグナのひとつととらえる)

8秘密のハウスです。

さらに

山羊座から数えた6(双子座)と12(射手座)に
火星土星を含む5つの惑星アスペクトしています。

それらには
ビジネスを意味するAmKDK
含まれています。

アンタル・ダシャー獅子座には
アセンダント(As)とカーラカーンシャ・ラグナ(KL)があります。

6紛争12スパイのハウスです。

あるいは
6犯罪12逮捕のハウスでもあります。

獅子座から見た8(魚座)には
火星土星を含む5つの惑星
アスペクトしています。

繰り返しますが
ビジネスを意味するAmKDK
含まれています。

戦争を表す7水瓶座には
争いトラブルを意味するGKが在住しています。

これは覇権の帰趨をめぐる経済戦争です。

このように

チャラ・ダシャーでも6室、8室、12
活性化されていることがわかります。

 

次は

事件が起きたときの天体配置を検証します。

それをトランジット・チャートと呼びます。

 

孟氏逮捕された2018年12月1日トランジット・チャートです。

アメリカのホロスコープ(アセンダントは獅子座)に
トランジット・チャート重ねてあわせて見ます。

すると

ラーフ(Ra)12蟹座トランジットしていました。

を照らして真実をあぶり出す木星(Ju)
4室蠍座トランジット

そこから
ラーフ10室(米政府)、8室、12
アスペクトしています。

米政府は本気で中国
秘密工作の実態を暴露する
つもりでいることを示しています。

 

ドナルド・トランプのホロスコープ

孟氏が逮捕された2018年12月1日
トランプ大統領のホロスコープの
ヴィムショッタリーダシャー

木星/木星/ラーフでした。

”King shapes the form of the kingdom”

そう
大統領がだれなのかは
国全体運命の帰趨にかかってきます。

大統領のホロスコープは
のホロスコープと見なすことができます。

木星(Ju8室(謀略)魚座を支配して
2室(経済)乙女座に在住し
6室(紛争)山羊座を支配する土星(Sa
12室(スパイ)蟹座から
アスペクトされています。

ラーフ10室(政府)牡牛座に在住し
12室(スパイ)を支配する
アスペクトされています。

ダシャーの支配星(木星とラーフ)はいずれも
凶ハウス6-8-12と関係しています。

政府によるアクション10室も絡んできます。

次に

チャラ・ダシャーでも見てみましょう。

チャラ・ダシャー蟹座/双子座でした。

マハー・ダシャー蟹座12室(スパイ)です。

そこには

トラブル戦争を表すGK金星(Ve)DK土星(Sa)が在住し
ラーフ(Ra)ケートゥ(Ke)アスペクトされています。

アンタル・ダシャー双子座から見た12牡牛座では
自分(アメリカ)を表すAK太陽(Su)
ラーフ(Ra)コンジャンクトし
GK金星(Ve)DK土星(Sa)アスペクトされ
傷ついています。

国益(AK)が外国(Ra、Ke、12室)による謀略・攻撃(GK、DK)により損なわれ(12室)ていることが示されています。

 

次はトランジットの分析です。

孟氏逮捕された2018年12月1日トランジット・チャートでは

マハー・ダシャーアンタル・ダシャーの両方を支配する
木星(Ju4室蠍座トランジットしていました。

蠍座には、12室(スパイ)を支配する月(Mo)
12室(スパイ)カーラカ(表示体)ケートゥ(Ke)
が在住しています。

木星8室(謀略)、12室(スパイ)、そして10室(政府)にもアスペクトしています。

ここでも、秘密を暴露し阻止するための強い意志とアクションを示しています。

プラティアンタル・ダシャーの支配星・ラーフ(Ra)
12室(スパイ)蟹座トランジットしていました。

結論

アメリカトランプ大統領のホロスコープでも
ダシャー支配星6室、8室、12やその支配星とPACで絡んでいました。

それらに政府を表す10がしつこく絡んでいます。

中国による秘密工作を
暴露し阻止するという
米政府強い意志と姿勢
が表れています。

 

 

ダシャーって何?

PACで絡むって何?

 

なにが書かれてあるのかを理解したいひとは…

 

無料インド占星術が学べる動画コース(全88本)を受講すればわかります。

1年かけてつくった本格的なインド占星術の動画コースです(↓)。

 

無料動画講座】『ラオ本で学ぶインド占星術』(全88話)のご案内
無料動画講座のメルマガ登録はこちら

 

ジョーティシュ・サンクチュアリー │ ヴリンダーヴァン
I agree to have my personal information transfered to MailChimp ( more information )
正統なインド占星術を学びたい方のための最新のブログ記事をお送りします。世界的なインド占星術の泰斗・KNラオらの翻訳書籍やリサーチ動向の最新情報や学習上のヒントが満載です。左のフォームにお名前(あるいはニックネーム)とEメールアドレスを入力して、オレンジ色のボタン「更新情報を受け取る」を押してください。
メールアドレスは第三者に譲渡されることは決してありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です