3室(7)事例6:賢帝アクバル

出典

記事:”The third lord/third house” Journal of Astrology, January-March 2003, pp9-26.
著者:K.N.Rao

事例6 アクバル帝

気高く寛容な賢帝として知られるアクバル大帝。

『アクバルナーマ』には、宮廷占星術師ジョーティク・ラーイーによるアクバル帝に関する予言が書かれている。

アクバル帝のホロスコープを見ましょう。

ダシャー

  1. 3室を支配する金星は減衰し、木星とコンジャンクトしています。
  2. チムール、アウランゼーブ、ヒトラーのホロスコープを赤く染めた火星は、アクバルの場合、木星の星座に在住し高揚する土星にアスペクトされています。
  3. 3室では太陽が減衰し、土星が高揚し、水星とコンジャンクトしています。
  4. 火星は吉星の星座に在住し、3室の支配星は木星とコンジャンクトして減衰しています。チムール、アウランゼーブ、ヒトラーの火星、土星、3室の支配星が10室に影響を及ぼしているのと対照的です。
  5. アクバルはインドでは大帝という称号を持って呼ばれ、「宗教的な寛容の父」として高く評価されています。
  6. アクバルは古典を尊重し、宮廷占星術師としてジョーティクラーイーとニーラカンタ(『タージク・ニーラカンタ』の著者)を重用していました。

(つづく)

※著作物から要約・引用するにあたり、わたしはラオ先生との間で契約を交わしております。

ジョーティシュ・サンクチュアリー │ ヴリンダーヴァン
正統なインド占星術を学びたい方のための最新のブログ記事をお送りします。世界的なインド占星術の泰斗・KNラオらの翻訳書籍やリサーチ動向の最新情報や学習上のヒントが満載です。左のフォームにお名前(あるいはニックネーム)とEメールアドレスを入力して、オレンジ色のボタン「更新情報を受け取る」を押してください。
メールアドレスは第三者に譲渡されることは決してありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です