家を持つ その2: アナンダ・バヴァン

出展

雑誌:“Owing a House – An Astrological Study” Journal of Astrology, July-September 1999, pp.275-288
著者:M.S.Mehta (I.F.S. Retd.)

事例1:ネルー首相

「銀のスプーンを口にくわえて生まれてくる」という表現が英語にあるように、

世の中には生まれながら幸運な人たちがいます。

幸運な子供を授かるのは、両親にとっても幸運です。

そういう子供は、性格は素直で優しく、物質的にも恵まれ、ぜいたく品に囲まれて育ちます。

ジャワハールラル・ネルーはその典型です。

ネルーのホロスコープを紹介しましょう。

 

ネルーは、ぜいたく品に囲まれ、テニスコートとプール付きの大邸宅で甘やかされて育だてられましたが、ネルーの父親は裕福ではなく、貧しい人たちが住む地域に住んでいました。

ネルーが生まれ、この宮殿のような大邸宅に移り住むようになった理由をKNラオは『The Nehru Dynasty』(1993)のなかで次のように書いています。

水星金星が天秤座の4室に在住し、(ネルーは)ぜいたくな家で暮らすように運命づけられていた。

ネルー水星/金星期、ネルーの父親はもっとましな地域に転居し、

そして水星/ラーフ期(1897年-1900年)、ネルー一家はかの有名なアナンダ・バヴァンに移り住むことになった。

4室には水星が在住し、水星期の変化をよく理解できる。

12室を支配する水星4室に在住するのは、家を変えるコンビネーションである。

なぜラーフのアンタルダシャーだったのかについては、このように理解できる。

ラーフ12室に在住するが、12室9室から数えた4室である。

9室父親で、9室から見た4室に在住するラーフ木星がアスペクトし、

ネルーの父親アナンダ・バヴァンという大邸宅をもたらした。

アシュタカヴァルガを見てみましょう。

4室サルヴァーシュタカヴァルガのビンドゥーは30点です。

そして4室を支配する金星はムーラトリコーナの星位にあり、そのビナーシュタカヴァルガのビンドゥは6点です。

家のカーラカである火星ビナーシュタカヴァルガのビンドゥは6点です。

しかし火星敵対する惑星が支配するハウスに在住しています。

おそらくこれが原因で、他の政治家のとは違ってネルーは不動産をため込んだりしませんでした。

ジェイミニで見ると、 カーラカーンシャ・ラグナ (射手座)から見た4室1室には火星、強い木星、そして高揚するラーフ*がアスペクトしています。

やはり宮殿のような家を所有するのにふさわしいコンビネーションです。

*サルヴァーシュタカヴァルガ(सर्वाष्टकवर्ग )の平均点は28です。30以上は良いとされます。
*ビナーシュタカヴァルガ(भिन्नाष्टकवर्ग )の平均はおよそ4です。5以上は良いとされます。
*メータ先生はラーフの高揚をとりますが、ラオ先生はとりません。(清水)

(つづき)

※著作物から要約・引用するにあたり、わたしはラオ先生との間で契約を交わしております。

ジョーティシュ・サンクチュアリー │ ヴリンダーヴァン
I agree to have my personal information transfered to MailChimp ( more information )
正統なインド占星術を学びたい方のための最新のブログ記事をお送りします。世界的なインド占星術の泰斗・KNラオらの翻訳書籍やリサーチ動向の最新情報や学習上のヒントが満載です。左のフォームにお名前(あるいはニックネーム)とEメールアドレスを入力して、オレンジ色のボタン「更新情報を受け取る」を押してください。
メールアドレスは第三者に譲渡されることは決してありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です