家を持つ その4: お金はあるのに家をもてない人

 

お金があるのに家を持てない人とは、いろいろなパターンがあるかと思います。

今回紹介するホロスコープは、家を購入するつもりでお金を支払ったのに持ち逃げされた人のものです。

4室カーラカ火星が、ドゥシュタナのハウスやラーフと絡んでいます。

出展

雑誌:“Owing a House – An Astrological Study” Journal of Astrology, July-September 1999, pp.275-288
著者:M.S.Mehta (I.F.S. Retd.)

事例3:お金はあるのに家をもてない人

ラーフ/金星期、このホロスコープの持ち主は、家を購入するためにまとまったお金を不動産業者に手渡しました。

この不動産業者詐欺師で、受け取ったお金を全て持ち逃げしました。

 

∮ラーシ(D1)

  1. 8室を支配する木星が4室に在住しています。
  2. 不動産のカーラカの火星6室に在住しています。

∮チャトルターンシャ(D4)

  1. ラーフ=ケートゥ軸4/10の軸に在住しています。
  2. 不動産のカーラカは12室に(定座ですが)在住しています。
  3. 4室を支配する太陽は8室に在住しています。

(つづき)

※著作物から要約・引用するにあたり、わたしはラオ先生との間で契約を交わしております。

ジョーティシュ・サンクチュアリー │ ヴリンダーヴァン
I agree to have my personal information transfered to MailChimp ( more information )
正統なインド占星術を学びたい方のための最新のブログ記事をお送りします。世界的なインド占星術の泰斗・KNラオらの翻訳書籍やリサーチ動向の最新情報や学習上のヒントが満載です。左のフォームにお名前(あるいはニックネーム)とEメールアドレスを入力して、オレンジ色のボタン「更新情報を受け取る」を押してください。
メールアドレスは第三者に譲渡されることは決してありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です