海外渡航 その11:移住

海外移住2回目です。

出典

記事:”Settlement Abraod — Snap Shot Prediction” Journal of Astrology, January-March 1998, pp84-89.
著者:M.S.Mehta

   

 

事例2

アメリカに留学し、そこで結婚し、アメリカに定住することにした女性のホロスコープです。

 


PL:パダ・ラグナ

∮4室

4室には火星が在住しています。

∮月から見た4室

から見た4室にはラーフが在住しています。

∮ナヴァーンシャの4室

ナヴァーンシャ(D9)でも4室には太陽が在住し、土星によって傷ついています。

土星ラーフ/ケートゥ軸にあります。

∮パダ・ラグナから見る

パダ・ラグナ(PL)にはラーフ/ケートゥ軸があります。

パダ・ラグナ(PL)から見た4室を支配する土星は、12室にアスペクトしています。

雑誌には8つの事例が掲載されていますが、ここでは2つを紹介するにとどめておきましょう。

結論

海外移住の事例を多数検証して得られた結論は以下の通りです。

  1. ラグナから見た4室及びその支配星傷ついている。
  2. から見た4室及びその支配星傷ついている。
  3. ナヴァーンシャ4室及びその支配星傷ついている
  4. 1~3において、とくにラーフ/ケートゥの役割は大きい。ラーフムレッチャ(म्लेच्छ )として知られている。現代では、それは外国人、非伝統、なじみのない環境を意味する。
  5. パダ・ラグナも重要な役割を果たす。パダ・ラグナやそこから見た12室ラーフ/ケートゥ軸が絡んだり、あるいはパダ・ラグナから見た4室12室が絡んだりする。

(おわり)

※著作物から要約・引用するにあたり、わたしはラオ先生との間で契約を交わしております。

ジョーティシュ・サンクチュアリー │ ヴリンダーヴァン
I agree to have my personal information transfered to MailChimp ( more information )
正統なインド占星術を学びたい方のための最新のブログ記事をお送りします。世界的なインド占星術の泰斗・KNラオらの翻訳書籍やリサーチ動向の最新情報や学習上のヒントが満載です。左のフォームにお名前(あるいはニックネーム)とEメールアドレスを入力して、オレンジ色のボタン「更新情報を受け取る」を押してください。
メールアドレスは第三者に譲渡されることは決してありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です