海外渡航 その10:移住

外国に長年住んでいる方の鑑定でよく聞かれる質問は、「いずれ日本に帰ることになるかどうか?」です。

今回のテーマは、そういう質問に答えるときに役立つでしょう。

出典

記事:”Settlement Abraod — Snap Shot Prediction” Journal of Astrology, January-March 1998, pp84-89.
著者:M.S.Mehta

   

著者の故MS.メータ先生は外交官だった経歴から同僚のホロスコープを多く収集し、海外勤務のパラーメータを整理・検証しました。

その結果は、『Planets and Foreign Travels』に結実しました。

わたしは2008年春、メータ先生から5日間の個人レッスンを受けました。

そしてBVBに留学する決心をしました。

パラメータ

海外移住する人のホロスコープに多く見られる特徴は以下の通りです。

  1. ラグナから見た4室及びその支配星傷ついている
  2. ラーフケートゥ4室及びその支配星と絡んでいる。
  3. 母国を離れて外国に移住する人のホロスコープでは、4室その支配星が傷ついている、あるいはその支配星が6室8室12室のいずれかに在住する傾向があります。
  4. ラーフケートゥが絡むと海外移住の傾向はさらに強くなります。
  5. 上記について月から見て検討する。
  6. 上記についてパダ・ラグナから見て検討する。

事例1

インド人男性のホロスコープです。

インドの大学で工学部に入学し、中途退学してアメリカに留学。

アメリカの有名大学の工学部を卒業した後、MBAを取得しました。

かれはアメリカ人女性と結婚し、アメリカに定住することにしました。

DOB: 1947/11/19
POB: Jullundhar


PL:パダ・ラグナ

∮4室

4室には土星が在住し、12室を支配する木星にアスペクトされています。

4室の支配星は土星にアスペクトされています。

∮月から見た4室

月から見た4室にはラーフが在住しています。

∮ナヴァーンシャの4室

ナヴァーンシャ(D9)でも4室は太陽と火星によって傷ついています。

4室の支配星はラーフ/ケートゥ軸にあります。

∮パダ・ラグナから見る

パダ・ラグナ(PL)から見た12室は蠍座です。

蠍座の支配星はラーフにアスペクト*されています。

*著者メータ先生はラーフとケートゥのアスペクトを採用しています。しかしラオ先生はラーフとケートゥのアスペクトを採用していません。同じバールティーヤ・ヴィディヤー・バヴァンで教えていても、教官それぞれ考え方に違いがあったりして、生徒はときどき混乱します。なので、どの先生からどのサブジェクトを学んだかは、結構重要だったりします。

(つづく)

※著作物から要約・引用するにあたり、わたしはラオ先生との間で契約を交わしております。

ジョーティシュ・サンクチュアリー │ ヴリンダーヴァン
I agree to have my personal information transfered to MailChimp ( more information )
正統なインド占星術を学びたい方のための最新のブログ記事をお送りします。世界的なインド占星術の泰斗・KNラオらの翻訳書籍やリサーチ動向の最新情報や学習上のヒントが満載です。左のフォームにお名前(あるいはニックネーム)とEメールアドレスを入力して、オレンジ色のボタン「更新情報を受け取る」を押してください。
メールアドレスは第三者に譲渡されることは決してありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です