日本で新型ウィルス肺炎はアウトブレイクするのか?

いまコロナウィルスによる新型肺炎の感染拡大がニュースでしきりに懸念されています。

YouTubeでは、ニュースなどでは伝えられない武漢の惨状を訴える動画がいくつかアップされています。

「これはもうアウトブレークし、手がつけられない段階にすでにいたっているのではないか!?」

そう思わせるような動画もあり、そのうち2つの動画をブログの後の方に埋め込みましたのでご覧下さい。

そこで気になるのは、日本での新型肺炎アウトブレークの可能性です。

そう、春節が昨日から始まりました。

70万人を超える観光客が中国(中華人民共和国)から日本を訪れる予定だといいます。

そしてこの最悪のタイミングでウイルス発生源の武漢封鎖されました。

じゃぁ、日本はどうか、です。


日本の建国図のアセンダントは射手座です。

※アセンダントとは、ホロスコープで一番重要なハウスで、日本国民の健康や幸福などを表します。下のホロスコープでは数字Ascが明記されている、いちばん左下の星座〔射手座〕にあたります。


最近まで射手座ケートゥ(Ke)と土星(Sa)がトランジットしていました。


ケートゥ(Ke)と土星(Sa)が柔軟星座でコンジャンクトするのは、重大な出来事が発生するコンビネーションです。

さらに、12月26日から1月13日までそこに水星(Me)もトランジットしていました。

※下の図の緑色の外枠は1月13日現在の惑星配置を表しています。これはトランジット図と呼ばれます。射手座(左下隅)には5つの惑星(Ke, Sa, Me, Ju, Su)が集中していますが、そのなかには水星(Me)が含まれています。

ケートゥ(Ke)はウィルスを意味します。

伝達を表す水星(Me)は、この文脈ではパンデミック(世界感染)を意味するのではないかと思われます。

なので

日本国民〔1室〕はパンデミックの危機にさらされています。

そのリスクはけっこう高い。


なぜなら

1ヵ月前の12月26日、射手座日食がありました。



日食図(↑)では、6つの惑星が射手座に集中していました。

そして日食が起きた射手座の経度(9:59)は建国図のアセンダントAsc 8:15)にとても近い。

この食によって射手座、そして建国図のアセンダントは深く傷ついています。

そしてそこにあった多くの惑星も傷つきました。

つまり日食によって負った傷は、深くて広い。
そしてその傷口からウィルスが侵入(breach)してくる…。

そんなイメージです。

ところで、SARSコロナウィルスが中国を中心にアウトブレイクしたのは2002年11月から2003年7月にかけてでした。

アウトブレイクがはじまるあたりの2002年11月16日から蠍座水星(Me)とケートゥ(Ke)がコンジャンクトしていました(↓)。



このときはの星座の蠍座でした。

しかし今回はの星座の射手座なので、文字通り「燎原の炎のように拡大する可能性がありそうです。

春節が始まった昨日の時点で水星(Me)と土星(Sa)はすでに山羊座に移行し、射手座にはケートゥ(Ke)と木星(Ju)しかトランジットしていません(↓)。

しかしまもなく2月8日火星(Ma)が蠍座から射手座に入座します。

潜伏期間が1週間、そして次の1週間は微熱が続き、重い症状がでるまでに感染から2週間かかるそうです。

この春節で訪日した中国人から感染しても、症状が顕在化するのは2月初旬から中旬以降になります

ちょうど、火星(Ma)が蠍座から射手座に入座するタイミングと一致します。

そしてパンデミックとなるまでには40日を要するとする説があるそうです。

それはちょうど守護を与えていた木星(Ju)が、射手座から山羊座に移るタイミング、3月30日以降と重なります。

そのとき日本国民を表す射手座無防備となり、そこをケートゥだけがトランジットしている状態となります。

射手座の星座です。

ケートゥの惑星です。

これは文字通り「燎原の炎のイメージです。


みなさま、外出時はお気をつけ下さい。

 

 

 

高い精度未来がわかるインド占星術を一緒に学んでみませんか?
本格的無料動画コース(全88本)を用意しました。
1年かけてつくった本格的なインド占星術の動画コースです(↓)。

無料動画講座】『ラオ本で学ぶインド占星術』(全88話)のご案内
無料動画講座のメルマガ登録はこちら

 

 

ブログ記事更新のお知らせメールのお申し込みはここから(↓)。
ジョーティシュ・サンクチュアリー │ ヴリンダーヴァン
I agree to have my personal information transfered to MailChimp ( more information )
正統なインド占星術を学びたい方のための最新のブログ記事をお送りします。世界的なインド占星術の泰斗・KNラオらの翻訳書籍やリサーチ動向の最新情報や学習上のヒントが満載です。左のフォームにお名前(あるいはニックネーム)とEメールアドレスを入力して、オレンジ色のボタン「更新情報を受け取る」を押してください。
メールアドレスは第三者に譲渡されることは決してありません。

2 件のコメント

  • 自粛要請に感染者数のみの報告ニュースに 国民は疲れてきました
    自粛自粛も 若く元気な人間には長く持つはずがありません
    経済が止まり、このままでは倒産する。激安プランだ
    空いている今がチャンス!とばかりに 観光地、感染者の少ない県などに 出かけ始める

    そして、隠れ保菌者が国内各地で ウイルスをばら撒き
    パンデミック、、、それが、3月30日以降の日本の姿な気がして来ました

  • コメント、ありがとうございます。

    毎回繰り返される同じパターン…

    そう、政府の施策はいつも後手後手ですね。

    何か起きてあわてて対応をする
    その繰り返しです。

    先手を打つという発想がないんですね。

    すでにきまったことやルーチンを覆せない
    型どおりのことしかやらないし、できない。

    これは第2次世界大戦の時もおなじでした。

    わたしはいま歴史をもう一度学び直しています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です