結婚のタイミング 1:ダシャー

わたしがインドに留学して間もない2008年秋、ラオ先生が担当するシニア・リサーチのクラスで行われていたリサーチがこの「結婚のタイミング(Timing of Marriage)」でした。わたしは、リサーチの成果が仕上がっていくプロセスを、クラスに出席しながら逐一目撃していました。

ここで紹介されているパラメータを使えば、9割以上の確率で「結婚のタイミング」が説明できるという、驚異的な結果が報告され、即、本書の出版が決まりました。

出典

著書:『Astrology and Timing of Marriage』(2008)
著者:Meenakshi Priyadarshini et al.
指導・監修:KNラオ

パラメータ

「結婚が成功するかどうかは、次の二つにかかってくる。ひとつは、パートナーがあなたにふさわしいかどうか? もうひとつは、あなたがパートナーにふさわしいかどうか? そして、なぜどうして結婚するのかを議論していくと、結婚のタイミングを決定するパラメータはなにか、という問いかけに行き着く」

わたしたちの先生・KNラオは、このようにいいました。

ラオ先生は、数年にわたるリサーチの結果、これらのパラメータを次のふたつのグループに分類しました。

  • ダシャー
  • トランジット

まずホロスコープで結婚のコンビネーションを検討し、次に結婚しそうなダシャーを探し出す。そのとき、最低でも二つ以上のダシャーを検討し、誤差をできるだけなくすように努力する。本研究では、ヴィムショッタリーダシャーとチャラダシャーの二つのダシャーを検討しました。前者はナクシャトラ・ベースのダシャーで、後者はラーシ・ベースのダシャーです。性質の異なるダシャーを併用することでより包括的なアプローチとなります。

パラメータの説明に入りましょう。

ダシャーのパラメータ

パラメータ1(パーラーシャラ・システム)ヴィムショッタリー・マハー・ダシャー(MD)とアンタルダシャー(AD)の支配星が、ラーシ・チャート(D1)とナヴァーンシャ(D9)でラグナ7室及びそれらの支配星と絡んでいる。ラオ先生によれば、ナヴァーンシャ(D9)はスークシュマ・クンダリーであり、必ず検討しなければいけません。

パラメータ2(ジェイミニ・システム)ダーラーカーラカ(DK)、ダーラーカーラカ・ナヴァーンシャ(DKN)*1、ダーラーパダ(DP)*2、ウパパダ(UP)*3、そしてラーシ・チャート(D1)とナヴァーンシャ(D9)でラグナ7室の支配星チャラ・アンタルダシャーが絡んでいる。ジェイミニチャラ・ダシャーラーシ・ベースのダシャーです。アンタルダシャー(AD)のラーシはDK、DKN、DP、UP、7Lが1-7軸で絡んだり、ジェイミニ・アスペクトで絡んでいなければいけません。

*1:ナヴァーンシャ(D9)でダーラーカーラカ(DK)が在住する星座を、ラーシ・チャート(D1)ではダーラカーラカ・ナヴァーンシャ(DKN)と呼びます。
*2:7室のパダダーラーパダ(DP)と呼びます。
*3:12室のパダウパパダ(UP)と呼びます。

(つづく)

※著作物から要約・引用するにあたり、わたしはラオ先生との間で契約を交わしております。

ジョーティシュ・サンクチュアリー │ ヴリンダーヴァン
I agree to have my personal information transfered to MailChimp ( more information )
正統なインド占星術を学びたい方のための最新のブログ記事をお送りします。世界的なインド占星術の泰斗・KNラオらの翻訳書籍やリサーチ動向の最新情報や学習上のヒントが満載です。左のフォームにお名前(あるいはニックネーム)とEメールアドレスを入力して、オレンジ色のボタン「更新情報を受け取る」を押してください。
メールアドレスは第三者に譲渡されることは決してありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です