海外渡航 その2: 仕事

ある統計

インドの若者が外国、とくにアメリカに行きたがる理由は、その方が成功のチャンスがはるかに大きいからです。
それを証明する統計をご紹介しましょう。

  • アメリカの医師38%はインド人です。
  • NASAの科学者の36%はインド人です。
  • Microsoftの従業員の34%はインド人です。
  • IBMの従業員の28%はインド人です。
  • Intelの従業員の27%はインド人です。
  • アメリカの科学者37%はインド人です。

たしかに80年代から米英の有名大学院では、夕方以降になるとヒンディー語とマンダリン(北京語)が飛び交っていましたね。

さて、前回に続いてJournal of Astrologyの記事の続きを掲載しましょう。

出典

記事:”Planets Take Tem Across the Sea -I” Journal of Astrology, January-March 2002, pp19-22.
著者:K.N.Rao & Minakshi Raut

事例2

外務大臣P.V.ナーラシンハ・ラオのホロスコープです。

 

 ホロスコープの特徴は以下の通りです。

  1. 10室の支配星と12室の支配星が10室でコンジャンクトしています。
  2. 10室に在住する太陽火星ディグ・バリ方角の強さ)を得ています。
  3. 興味深いことに前回の事例で扱ったアジターブ・バッチャンと同じく魚座に在住しています。
  4. これもアジターブ・バッチャンと同様に、太陽期の終わりと月期の終わりに二度外務大臣を務めています。1980年、インディラ・ガンディー政権で外務大臣になりました。太陽期の終わりでした。太陽は12室を支配し、ナーラシンハラオに外務大臣という高位をもたらしました。
  5. ディスポジター12室に在住しています。これもアジターブ・バッチャンと同じです。木星は7室を支配しています。7室も外国を表します。

同じ事がダシャマーンシャ(D10)でも繰り返されているかをチェックします。

ダシャマーンシャ(D10)では、やはり太陽と火星が10室でコンジャンクトし、12室を支配する木星にアスペクトされています。木星はガジャケーサリヨーガを形成しています。

事例1と事例2の共通点

月から見た10室の支配星は12室にアスペクトするか、12室に在住しています。

どちらの場合も月から見た10室の支配星は木星です。

(つづく)

※著作物から要約・引用するにあたり、わたしはラオ先生との間で契約を交わしております。

ジョーティシュ・サンクチュアリー │ ヴリンダーヴァン
I agree to have my personal information transfered to MailChimp ( more information )
正統なインド占星術を学びたい方のための最新のブログ記事をお送りします。世界的なインド占星術の泰斗・KNラオらの翻訳書籍やリサーチ動向の最新情報や学習上のヒントが満載です。左のフォームにお名前(あるいはニックネーム)とEメールアドレスを入力して、オレンジ色のボタン「更新情報を受け取る」を押してください。
メールアドレスは第三者に譲渡されることは決してありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です